コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊臣秀吉の朝鮮侵略

1件 の用語解説(豊臣秀吉の朝鮮侵略の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豊臣秀吉の朝鮮侵略

日本を統一した秀吉が、中国の征服を目指すとして1592年に始め、秀吉が死んだ98年に終わった。日本では豊臣政権崩壊の原因、中国では明が衰退する契機となり、朝鮮では国土が荒廃した。呼び名は日本では文禄・慶長の役、韓国では壬辰倭乱・丁酉再乱、北朝鮮では壬辰祖国戦争、中国では援朝鮮や万暦東征など。今回は共通の呼び名が話し合われ、壬辰戦争、東アジア7年戦争、第1次東アジア戦争などの意見が出た。

(2006-06-28 朝日新聞 夕刊 文化)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊臣秀吉の朝鮮侵略の関連キーワード九州征伐後金前秦大祚栄北朝耶律阿保機超紐理論取って代わる文禄の役

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊臣秀吉の朝鮮侵略の関連情報