コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊葦原千五百秋之瑞穂之国 とよあしはらのちいおあきのみずほのくに

大辞林 第三版の解説

とよあしはらのちいおあきのみずほのくに【豊葦原千五百秋之瑞穂之国】

日本国の美称。 「天の神伊弉諾尊いざなきのみこと伊弉冉尊いざなみのみことに謂て曰く、-あり。宜しく汝が往て脩しらすべし/日本書紀 神代上訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

豊葦原千五百秋之瑞穂之国の関連キーワード日本書紀伊弉冉尊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android