コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊野[村] とよの

1件 の用語解説(豊野[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とよの【豊野[村]】

熊本県中央部,下益城(しもましき)郡の村。人口5254(1995)。標高150~350mの丘陵性山地が広く分布し,北流する浜戸川沿いに小規模沖積低地がある。古くから開けた地で,西部丘陵地には奈良~平安初期に存在した浄水寺跡があり,当時の紀年銘をもつ四つの石碑が残存する。中央の台地響ヶ原は戦国時代古戦場で,ここから御船町へ通じる道路には薩摩街道の名が残っている。主産業は農業で,米作,畜産のほかトマト,プリンスメロンなどの栽培が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊野[村]の関連キーワード八代熊本県立大学平成音楽大学下諏訪熊本空港通潤橋増村益城矢島鶴子矢島直方矢野幸左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone