コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪州の山火事

1件 の用語解説(豪州の山火事の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豪州の山火事

特に気温が高く乾燥する10月から3月までは、法律で山火事危険時期と定められている。国内の森林で最も多いユーカリの葉は油成分が多くて燃えやすい。強風にあおられると、時速50キロ以上で広がることもある。大規模になると高温の炎で上昇気流が発生し、天候を変えるほどの威力を持つ。

(2014-02-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豪州の山火事の関連キーワード眼球乾燥症乾燥断熱減率川霧円筒式乾燥乾燥器(機)減率乾燥期間恒率乾燥期間自然乾燥天日乾燥ヒートアイランド現象

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豪州の山火事の関連情報