コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪州の日系人と太平洋戦争

1件 の用語解説(豪州の日系人と太平洋戦争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豪州の日系人と太平洋戦争

太平洋戦争の開戦とともに、豪州や近隣諸島にいた日本人や日系の民間人は身柄を拘束された。豪州国内から1141人、仏領ニューカレドニアオランダ領東インド諸島(現インドネシア)などから3160人が移送され、計4301人がヘイ、ラブデー、タツラの三つの強制収容所へ入れられた。ヘイで39人、ラブデーで115人、タツラで46人が収容中に死亡した。一方、日本軍による豪州本土への攻撃は42年2月から43年11月まで続き、ダーウィン港は250人以上の死者を出した2月19日の大空襲など60回以上の空襲に遭ったほか、北部の街は多くが被害を受けた。豪兵は約2万2千人が日本軍の捕虜となり、泰緬鉄道建設に駆り出された1万3千人のうち2600人が死亡するなど、死者は計7700人に達した。

(2013-02-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豪州の日系人と太平洋戦争の関連キーワードガダルカナル島太平洋戦争アジア太平洋戦争御前会議終戦ミッドウェー戦争と天気図太平洋戦争とキスカ島西村琢磨アジア・太平洋戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone