コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪州ワイン

1件 の用語解説(豪州ワインの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豪州ワイン

チリなどと並ぶ南半球の「新世界ワイン」の一つ。赤のシラーズが代表的で、比較的気温が低い南オーストラリア州の沿岸(バロッサバレーなど)やビクトリア州(ヤラバレーなど)、ニューサウスウェールズ州(ハンターバレーなど)、西オーストラリア州(マーガレットリバーなど)が産地として知られる。2012年の生産量は約12億3千万リットルで、世界7位だった。

(2014-09-03 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豪州ワインの関連キーワード北半球新世界熱帯収束帯南半球マキ科塵泥てっちり暴風圏新世界ワインニューワールドワイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豪州ワインの関連情報