コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪蕩 ごうとう

大辞林 第三版の解説

ごうとう【豪蕩】

( トタル ) [文] 形動タリ 
大きく広々としたさま。立派なさま。 「沿道の景物亦た-たるを以て登臨するに足る/日本風景論 重昂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

豪蕩の関連キーワード日本風景論トタル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android