コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞松斎一馬(初代) ていしょうさい いちば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞松斎一馬(初代) ていしょうさい-いちば

1764-1838 江戸時代中期-後期の華道家。
明和元年生まれ。江戸の人。正風遠州流華道の祖。遠州流の生け花を岸松斎一貞(がんしょうさい-いってい)にまなび,独立。書,俳諧(はいかい)にもすぐれた。天保(てんぽう)9年10月27日死去。75歳。姓は米沢。名は寛篤。書号は渓竜,乾竜。俳号は楼川。米(よね)一馬ともいう。編著に「挿花衣之香(ころものか)」,著作に「正風遠州流挿花独稽古(ひとりげいこ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞松斎一馬(初代)の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧ボルテールレザノフ鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ明和リードザモイスキ浮世絵