コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞次(初代) さだつぐ

朝日日本歴史人物事典の解説

貞次(初代)

生年:生没年不詳
鎌倉前期の備中(岡山県)青江派の刀工。後鳥羽上皇の御番鍛冶のひとりで,承元(1207~11)ごろの人。年号を記す貞次の作は南北朝時代に多く,康暦2(1380)年銘の太刀を下限とする。その間,何代かがあったとみられる。初代作とみられるのが対馬宗家伝来の太刀(国宝)であり,小板目が肌立った鍛えに直刃を焼きこの派の典型的な作風を示す。鎌倉時代の作には逆丁字乱れの刃文があり,南北朝時代には単調な直刃が多い。青江派のなかで最も著名な刀工で,磨上げ無銘の作で優れたものは貞次作とされることが多い。<参考文献>東京国立博物館編『備中青江の名刀』

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

貞次(初代)の関連キーワード妖刀物語 花の吉原百人斬り仁義なき戦い 広島死闘篇仁義なき戦い 頂上作戦仁義なき戦い 代理戦争宮本武蔵 一乗寺の決闘宮本武蔵 巌流島の決斗丹下左膳 飛燕居合斬り仁義なき戦い 完結篇宮本武蔵 二刀流開眼牙狼之介地獄斬り国文学研究資料館湯檜曾[温泉]新仁義なき戦い恋や恋なすな恋秋の夜の長物語この首一万石信濃前司行長平沢三右衛門暴れん坊街道仁義なき戦い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android