コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞次(初代) さだつぐ

朝日日本歴史人物事典の解説

貞次(初代)

生年:生没年不詳
鎌倉前期の備中(岡山県)青江派の刀工。後鳥羽上皇御番鍛冶ひとりで,承元(1207~11)ごろの人。年号を記す貞次の作は南北朝時代に多く,康暦2(1380)年銘の太刀を下限とする。その間,何代かがあったとみられる。初代作とみられるのが対馬宗家伝来の太刀(国宝)であり,小板目が肌立った鍛えに直刃を焼きこの派の典型的な作風を示す。鎌倉時代の作には逆丁字乱れの刃文があり,南北朝時代には単調な直刃が多い。青江派のなかで最も著名な刀工で,磨上げ無銘の作で優れたものは貞次作とされることが多い。<参考文献>東京国立博物館編『備中青江の名刀』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone