コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞次(1) さだつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞次(1) さだつぐ

?-? 鎌倉時代の刀工。
守次の子。備中(びっちゅう)(岡山県)青江派。後鳥羽(ごとば)上皇番鍛冶(ばんかじ)となった。国宝に指定された太刀1口(ふり)がある。承元(じょうげん)(1207-11)ごろの人。通称は右衛門亮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞次(1)の関連キーワード鎌倉時代刀工守次