コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞次(2) さだつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞次(2) さだつぐ

?-? 南北朝時代の刀工。
備中(びっちゅう)(岡山県)青江派。建武(けんむ)(1334-38)のころ活躍し,「後の貞次」とよばれた。銘は「備中国住大隅権介平貞次」など。通称は右衛門太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞次(2)の関連キーワード南北朝時代刀工

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android