コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財団法人・奈良の鹿愛護会

1件 の用語解説(財団法人・奈良の鹿愛護会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

財団法人・奈良の鹿愛護会

鹿は神の使いとして野生のまま大切にされ、前身の春日神鹿保護会から1947年に名前を変えて現組織になった。奈良公園付近に生息する鹿約1200頭余りのうち、出産前や病気、けがの鹿を保護する。財政難から賛助会員を募っている。国は57年、奈良市一円を生息地として鹿を天然記念物に指定した。

(2006-12-22 朝日新聞 朝刊 奈良全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財団法人・奈良の鹿愛護会の関連キーワード神の使い意のまま随神白蛇神鹿珍重追使い庇ふ使い矢の使い

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

財団法人・奈良の鹿愛護会の関連情報