コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形基金保険・財形基金傷害保険

保険基礎用語集の解説

財形基金保険・財形基金傷害保険

勤労者の財産形成を援助することを目的とした、勤労者財産形成促進法に基づく生命保険会社、損害保険会社の商品で、財形給付金保険、財形給付金傷害保険と同趣旨のものであるが、これらが事業主契約者としているのに対し、本保険では事業主と勤労者で設立した基金を契約者とし、基金の加入者である勤労者を被保険者ならびに給付金受取人としています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android