コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財政健全化判断比率

1件 の用語解説(財政健全化判断比率の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

財政健全化判断比率

2006年に北海道夕張市の財政破綻(はたん)が発覚したことをきっかけに、翌07年に「自治体財政健全化没が公布された。都道府県や市区町村に「実質赤字」「連結実質赤字」「実質公債費」「将来負担」の四つと公営企業会計の「資金不足」の比率を毎年度公表することを義務づけている。比率が一定の基準を超えると、財政健全化計画を策定して県や国への報告が必要になったり、総務大臣の許可を得なければ地方債が発行できなくなったりする。

(2012-10-04 朝日新聞 朝刊 和歌山3 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財政健全化判断比率の関連キーワード早期健全化団体石炭の歴史村メロン熊夕張メロード呉市の財政集中改革宣言夕張市の財政再建計画夕張市の財政再建計画の変更夕張市の財政破綻自治体財政の健全化と公営企業市民財政白書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone