財政負担の仕組み

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

財政負担の仕組み

75歳以上が対象の後期高齢者医療制度は、約1400万人が加入。財源の負担割合は、公費が5割、現役世代の保険料が4割、高齢者の保険料で1割。一方、市町村が運営する国民健康保険は自営業者や無職の人が対象で、約4700万人が加入する。財源は、国が43%、都道府県が7%と半分は公費で、それ以外は保険料などで賄われている。

(2010-03-09 朝日新聞 朝刊 政治政策)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android