コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫一・お宮 かんいち・おみや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貫一・お宮 かんいち・おみや

尾崎紅葉の小説「金色夜叉(こんじきやしゃ)」の主人公。
お宮は元官吏鴫沢(しぎさわ)隆三のひとり娘で間(はざま)寛一の許嫁(いいなずけ)だったが,資産家の富山唯継(ただつぐ)にとつぐ。貫一はお宮の心変わりを責め,姿をくらます。子をうしなってからお宮は貫一への愛にきづくが,高利貸となった貫一は心をひらこうとしなかった。小説は明治30年から「読売新聞」に連載されたが未完。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貫一・お宮の関連キーワード静岡県熱海市東海岸町波多野 栄一尾崎紅葉

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android