コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蓄から投資へ

1件 の用語解説(貯蓄から投資への意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

貯蓄から投資へ

個人投資家の資金を市場に呼び込もうと、政府は98年に銀行窓口での投資信託の販売を解禁したほか、株式の売買手数料の自由化などの規制緩和を進めた。03年からは証券優遇税制が施行され、当時の小泉首相も施政方針演説で、「『貯蓄から投資へ』の流れを加速する」と言及。05年には郵便局でも投信を販売できるようになった。投資を促すことで、新しい産業や企業を資金調達面で支援するほか、株価対策の期待もあったと指摘される。

(2009-08-21 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貯蓄から投資への関連キーワード機関投資家コールローンエンゼル素人筋投資市場外国人持株比率個人投資家投資家機関投資家(Institutional Investor)内部要因

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貯蓄から投資への関連情報