コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴ノ花利彰 たかのはな としあき

1件 の用語解説(貴ノ花利彰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴ノ花利彰 たかのはな-としあき

1950-2005 昭和時代後期の力士。
昭和25年2月19日生まれ。初代若乃花幹士の弟。若乃花勝,貴乃花光司の父。昭和40年兄の二子山部屋に入門。43年入幕。「角界のプリンス」といわれ,軽量ながら抜群の粘り腰で,47年大関となる。大関在位50場所で,56年引退。優勝2回。藤島部屋を創設。平成5年二子山部屋と合併し,年寄二子山を名のる。8年日本相撲協会理事となり,審判部長をへて16年事業部長。平成17年5月30日死去。55歳。青森県出身。本名は花田満。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

貴ノ花利彰の関連キーワード柏戸剛断髪式玉の海正洋栃ノ海晃嘉控力士双羽黒光司朝潮太郎(3代)小熊伊成豊山勝男あんま

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone