コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

買い繋ぎ・買い繫ぎ かいつなぎ

大辞林 第三版の解説

かいつなぎ【買い繋ぎ・買い繫ぎ】

株などの持ち主が現物を売る一方、その後の値上がりによる損失を防ぐために信用取引を利用して現物を空買いしておくこと。 ↔ 売り繫ぎ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

買い繋ぎ・買い繫ぎの関連キーワード空買い売り

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android