コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貸す・藉す かす

大辞林 第三版の解説

かす【貸す・藉す】

( 動五[四] )
あとで返してもらう約束で一時的に品物・金を他人に渡したり使わせたりする。 ↔ 借りる 「本を-・す」 「一万円-・す」 「学生に部屋を-・す」
自分の知恵や能力を、他人のために使う。 《藉》 「君の知恵を-・してもらいたい」 「会社再建に力を-・す」 「手を-・す」 「弟に肩を-・してもらって医者へ行った」 「耳を-・す(=他人ノ発言ヲ聞ク)」 「顔を-・す」 〔近世以前は多く「借す」と書いた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

貸す・藉すの関連キーワード知恵他人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android