コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

費晴湖

美術人名辞典の解説

費晴湖

清代中期の画家。名は肇陽、晴湖は号。費漢源と同族の商人であったが、画も能くし、伊孚九らと共に来舶四大家の一人とされる。作風は清代の形式化した南画を踏襲するが、素人画の自由な表現に特徴があり、春木南湖らが師事した。生歿不詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

費晴湖の関連キーワード奥原晴湖十時梅厓

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android