コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀川 豊彦 カガワ トヨヒコ

20世紀日本人名事典の解説

賀川 豊彦
カガワ トヨヒコ

大正・昭和期のキリスト教社会運動家,牧師,社会事業家



生年
明治21(1888)年7月10日

没年
昭和35(1960)年4月23日

出生地
兵庫県神戸市

学歴〔年〕
明治学院高等部神学予科〔明治40年〕卒,神戸神学校〔明治44年〕卒,プリンストン神学校卒

経歴
神戸神学校在学中から貧民街に入って伝導活動を始める。大正3年渡米、プリンストン大、プリンストン神学校で学ぶ。6年帰国後も貧民街に戻り、8年日本基督教会で牧師の資格を得る。9年ベストセラーになった小説「死線を越えて」を刊行して有名になる。同年神戸購買組合を創設。10年川崎造船、三菱神戸造船争議を指導して検挙。その他、農民運動、普選運動、共同組合運動、神の国運動などを創始し、日米開戦には反戦的平和論者として行動し、憲兵隊に留置された。戦後は日本社会党の結成に加わり、顧問となる。またキリスト新聞社を創立し、「キリスト新聞」や口語訳「新約聖書」の刊行に尽力、死去するまで国内外で伝導に努めた。一方、著述活動もめざましく、自伝系小説5冊、虚構系小説21冊を数え、新聞に連載、収載された小説も数多い。他の主な小説に「キリスト」「石の枕を立てて」「一粒の麦」など、詩集に「涙の二等分」「永遠の乳房」などがあり、「賀川豊彦全集」(全24巻 キリスト新聞社)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

賀川 豊彦
カガワ トヨヒコ


生年月日
明治21年7月10日

出生地
兵庫県神戸市

学歴
明治学院高等部神学予科〔明治40年〕卒 神戸神学校〔明治44年〕卒 プリンストン神学校卒

経歴
神戸神学校在学中から貧民街に入って伝導活動を始める。大正3年渡米、プリンストン大、プリンストン神学校で学ぶ。6年帰国後も貧民街に戻り、8年日本基督教会で牧師の資格を得る。9年ベストセラーになった小説「死線を越えて」を刊行して有名になる。同年神戸購買組合を創設。10年川崎造船、三菱神戸造船争議を指導して検挙。その他、農民運動、普選運動、共同組合運動、神の国運動などを創始し、日米開戦には反戦的平和論者として行動し、憲兵隊に留置された。戦後は日本社会党の結成に加わり、顧問となる。またキリスト新聞社を創立し、「キリスト新聞」や口語訳「新約聖書」の刊行に尽力、死去するまで国内外で伝導に努めた。一方、著述活動もめざましく、自伝系小説5冊、虚構系小説21冊を数え、新聞に連載、収載された小説も数多い。他の主な小説に「キリスト」「石の枕を立てて」「一粒の麦」など、詩集に「涙の二等分」「永遠の乳房」などがあり、「賀川豊彦全集」(全24巻 キリスト新聞社)がある。

没年月日
昭和35年4月23日

家族
妻=賀川 ハル(社会福祉家) 息子=賀川 純基(賀川豊彦記念松沢資料館館長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

賀川 豊彦 (かがわ とよひこ)

生年月日:1888年7月10日
大正時代;昭和時代のキリスト教社会運動家;牧師;社会事業家
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

賀川 豊彦の関連キーワード鳴門市賀川豊彦記念館徳島県鳴門市大麻町桧東京都世田谷区上北沢キリスト教社会主義リズム時計工業加藤 普佐次郎吉村 シズヱセツルメント日本農民組合安田 理貴子加藤普佐次郎吉村シズヱ小見山富恵菊田 一雄殖栗 文夫安藤 国松永江 一夫馬島ゆたか安田理貴子黒川 泰一

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賀川 豊彦の関連情報