コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃貸住宅の更新料

1件 の用語解説(賃貸住宅の更新料の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

賃貸住宅の更新料

契約更新時に借り手が家主に支払う費用で、戦後の住宅難で家主の立場が優位だった1950年代ごろから地域によって広まり、「慣習」として定着したとされる。国土交通省アンケート(07年)によると、首都圏や京都、福岡などでみられ、平均徴収額が最も高いのは京都で家賃の1・4カ月分、最も安いのは北海道で同0・1カ月分。

(2009-08-28 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賃貸住宅の更新料の関連キーワード舎費代金礼金借賃更新料定期借家契約団体扱契約支払利息更新料と敷引特約家賃保証業務

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賃貸住宅の更新料の関連情報