コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賎ヶ岳 しずがたけ

1件 の用語解説(賎ヶ岳の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕賎ヶ岳(しずがたけ)


滋賀県北部、琵琶(びわ)湖北岸にある山。標高421m。北に余呉(よご)湖、南に竹生(ちくぶ)島が見え、山頂からの展望がよい。1583年(天正(てんしょう)11)羽柴秀吉(はしばひでよし)(豊臣(とよとみ)秀吉)軍が柴田勝家(しばたかついえ)勢を破った古戦場。加藤清正(かとうきよまさ)・福島正則(ふくしままさのり)らの勇戦ぶりは「賎ヶ岳七本槍(やり)」として名高い。琵琶湖国定公園に属す。東麓(とうろく)からリフトが通じ、観光客に人気。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賎ヶ岳の関連キーワード野坂山地琵琶湖国定公園武奈ヶ岳野洲琵琶歌びわこぐまびわ湖こどもの国びわ湖バレイビワズくんびわ[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone