コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賜ぶ・給ぶ たぶ

大辞林 第三版の解説

たぶ【賜ぶ・給ぶ】

( 動四 )
上位の者が下位の者に与えるの意の敬語。
動作の主体に対する尊敬の意を表す。おさげ渡しになる。 「娘を吾に-・べ、と伏し拝み/竹取」
自分の動作に用いて、尊大な言い方を表す。くれてやる。 「汝が詞のやさしさに、箭一つ-・ばん/保元 上・古活字本
自分または自分側の者の動作に用いて、聞き手に対してかしこまりあらたまる気持ちを表す。くれてやります。 「親のわづらひて物もくはねば-・ばむずるぞ/宇津保 俊蔭
(補助動詞) 動詞またはそれに接続助詞「て」の付いたものに付く。
動作の主体に対する尊敬の意を表す。お…なさる。…してくださる。 「たちのかせ-・ぶべきなめりと見え給ふに/寝覚 3
自分の動作に付けて、やや尊大な言い方で、「…してくれる」「…してやる」の意を表す。 「その取りたりし質のこぶ返し-・べ/宇治拾遺 1
自分または自分側の動作に付けて、ややかしこまった言い方として、「…してくれます」「…してやります」の意を表す。 「人の告げ-・びしかば、いとあやしくおぼえ侍りしかど/宇津保 忠こそ

とうぶ【賜ぶ・給ぶ】

( 動四 )
〔「たぶ」の転〕
動作の主体に対する尊敬の意を表す。上位の者が下位の者に与える。お与えになる。 「それは隆円に-・べ/枕草子 九七・能因本
聞き手に対する尊敬の意を表す。自分側の受け取り手を低めて表現することにより、間接的に聞き手を高める言い方。くれてやります。 「越の国へまかりける人に、酒-・びけるついでに/後撰 離別詞
(補助動詞) 動詞の連用形に付いて、その動作の主体を尊敬する意を表す。…してくださる。…なさる。 「舟にのり-・びぬる人の文をなむもてきたる/大和 141

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

賜ぶ・給ぶの関連キーワード動作

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android