コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢・畏 かしこ

大辞林 第三版の解説

かしこ【賢・畏】

(形容詞「かしこし」の語幹)
〔おそれ慎む意〕 女性が手紙の末尾に書いて敬意を表す語。あらかしこ。あらあらかしこ。かしく。 〔中古には仮名文の消息で男女共に用いた。近世頃から女性のみが用いる〕
おそれ多いこと。はばかられること。 → あなかしこ
頭がよく知能がすぐれていること。 「われ-に思ひたる人/紫式部日記」
技能がすぐれていること。 「 -の御手やと空を仰ぎてながめ給ふ/源氏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android