コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤・賎 しず

大辞林 第三版の解説

しず【賤・賎】

( 名 )
卑しいこと。身分の卑しい人。 「あやしき-山がつも力尽きて薪さへ乏しくなりゆけば/方丈記」
( 代 )
一人称。近世、幇間ほうかんなどが自分を卑下していう語。わたくしめ。 「 -も昔は恋を磨き/浄瑠璃・淀鯉

せん【賤・賎】

律令制下の賤民のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

賤・賎の関連キーワード浄瑠璃賤民

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android