コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤機帯・賎機帯(読み)しずはたおび

大辞林 第三版の解説

しずはたおび【賤機帯・賎機帯】

一中節。本名題「峰雲おのえのくも賤機帯」。宮崎忠五郎作曲、壕越二三治作詞。1751年初演。遊女あがりの八雲が子を失い、放心してさまよい歩き、それを三太郎がからかうというもの。能「隅田川」などに取材。
長唄。本名題「八重霞やえがすみ賤機帯」。1828年一〇世杵屋きねや六左衛門が山王祭の踊り屋台のために作曲。の改作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android