コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤機帯・賎機帯 しずはたおび

1件 の用語解説(賤機帯・賎機帯の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しずはたおび【賤機帯・賎機帯】

一中節。本名題「峰雲おのえのくも賤機帯」。宮崎忠五郎作曲、壕越二三治作詞。1751年初演。遊女あがりの八雲が子を失い、放心してさまよい歩き、それを三太郎がからかうというもの。能「隅田川」などに取材。
長唄。本名題「八重霞やえがすみ賤機帯」。1828年一〇世杵屋きねや六左衛門が山王祭の踊り屋台のために作曲。の改作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone