コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤機帯・賎機帯 しずはたおび

大辞林 第三版の解説

しずはたおび【賤機帯・賎機帯】

一中節。本名題「峰雲おのえのくも賤機帯」。宮崎忠五郎作曲、壕越二三治作詞。1751年初演。遊女あがりの八雲が子を失い、放心してさまよい歩き、それを三太郎がからかうというもの。能「隅田川」などに取材。
長唄。本名題「八重霞やえがすみ賤機帯」。1828年一〇世杵屋きねや六左衛門が山王祭の踊り屋台のために作曲。の改作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

賤機帯・賎機帯の関連キーワード踊り屋台三太郎山王祭本名題賤機帯一中節長唄改作

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android