コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賦存 ふそん

大辞林 第三版の解説

ふそん【賦存】

〔「ふぞん」とも〕
天然資源が、利用の可否に関係なく、理論上算出されたある量として存在すること。 「水資源の-量」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

賦存の関連キーワードヘクシャー‐オリーンの定理カンスク・アチンスク炭田ヘクシャー=オリーン命題ヘクシャー=オリーン定理バイオマス・エネルギー生産要素賦存比率理論ターカン(大港)油田レンチウ(任丘)油田吉井・東柏崎ガス田特殊的生産要素理論リプチンスキー定理メタンハイドレート阿賀沖油・ガス田しんかい2000アパラチア炭田比較生産費原理平野(へいや)頸城油・ガス田生産要素集約度パレート最適

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賦存の関連情報