質流れ地禁止(読み)しちながれちきんし

大辞林 第三版の解説

しちながれちきんし【質流れ地禁止】

田畑永代売買禁止令下にあって、田畑屋敷の質入れが質流れすることで、事実上の耕地移動という事態が起こることを防ぐために、1721年、田畑の質流れを禁止したこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android