コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賭ける・懸ける かける

大辞林 第三版の解説

かける【賭ける・懸ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 か・く
〔「掛ける」と同源〕
勝てば獲得し、負ければ失うという約束で金品を出す。 「ポーカーに大金を-・ける」 「晴れる方に千円-・ける」
(「懸ける」とも書く)成功すればある物を得る、または失敗すればある物を失うということを承知して事に当たる。 「甲子園出場を-・けた試合」 「新製品に社運を-・けている」 「首を-・ける」
成功すればある物を与えるという約束をする。 「お尋ね者に賞金を-・ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android