コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賭場開帳罪 とばかいちょうざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賭場開帳罪
とばかいちょうざい

賭博場を開いて利益をはかる罪 (刑法 186条2項) 。単純賭博罪常習賭博罪よりも重く処罰される。いわゆる「てら銭」や入場料,手数料を取る意思で賭博の主宰者になることを要する。単に賭博の場所を提供するだけでは,利益を得てもこの罪にはならない。賭博場は常設である必要はなく,また現実に賭博が実行される必要もない。賭博者を一定の場所に集合させる必要はなく,電話などを用いる場合にも本罪が成立する。主宰者みずからその場にのぞむ必要はなく,もし主宰者が賭博を行えば,別に単純賭博罪または常習賭博罪が成立する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android