コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)

1件 の用語解説(購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)

2国間の為替レートは、各国通貨の同一財の購買力比で決定されるという為替相場決定理論の一つ。スウェーデンの経済学者G・カッセル(1866-1945)が1921年に唱えた。日本で1個100円のハンバーガーが米国で1ドルであったとすれば、為替レートは、1ドル=100円で釣り合うと考えられ、これを絶対的購買力平価説という。2国間のインフレ格差から為替レートを決める方法を相対的購買力平価説という。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)の関連キーワード外国為替相場実勢レートファンダメンタルズ為替レート実効為替レート実質実効為替レート通貨ペアペッグ制(Pegged exchange rate system)実効為替レート(Effective Exchange Rates)通貨インデックス(Currency Index)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone