コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)

外国為替用語集の解説

購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)

2国間の為替レートは、各国通貨の同一財の購買力比で決定されるという為替相場決定理論の一つ。スウェーデンの経済学者G・カッセル(1866-1945)が1921年に唱えた。日本で1個100円のハンバーガーが米国で1ドルであったとすれば、為替レートは、1ドル=100円で釣り合うと考えられ、これを絶対的購買力平価説という。2国間のインフレ格差から為替レートを決める方法を相対的購買力平価説という。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)の関連キーワードカッセル(Gustav Cassel)カール・グスタフ カッセルアセット・アプローチ理論アルバート アフタリオンビッグマック指数最適為替レート国際通貨問題外国為替相場アフタリヨン内外価格差国際貸借説国際収支説為替心理説金利平価説北欧学派為替学説ラテ指数PPP平価

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android