コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤い・紅い あかい

大辞林 第三版の解説

あかい【赤い・紅い】

( 形 ) [文] ク あか・し
〔「明あかし」と同源〕
赤の色をしているさま。いわゆる赤のほか、桃色・橙だいだい色・あずき色・茶色などにも通じて用いられる。 「 - ・い血」 「 - ・い夕日」 「 - ・い髪」 「ほっぺたが-・い」
〔革命旗が赤色であるところから〕 共産主義思想をもっているさま。 → あか
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android