コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤ぶどう酒様血管腫/いちご状血管腫 あかぶどうしゅようけっかんしゅいちごじょうけっかんしゅPortwine Stain Nevus / Strawberry Mark

家庭医学館の解説

あかぶどうしゅようけっかんしゅいちごじょうけっかんしゅ【赤ぶどう酒様血管腫/いちご状血管腫 Portwine Stain Nevus / Strawberry Mark】

[どんな病気か]
 主要な血管腫(けっかんしゅ)は、赤ぶどう酒様血管腫といちご状血管腫の2種類です。赤ぶどう酒様血管腫は、盛り上がらない赤あざで、ポートワイン・ステインともいいます。出生時からあり、ずっと続きますが、うなじ、額(ひたい)の真ん中にあるものは自然に消えます。
 いちご状血管腫は、皮膚から盛り上がり、表面がごつごつしています。生後1週ころにでき、大きくなります。幼児期から学童期にかけて自然に消えますが、非常に大きなものは、出血しやすい状態(カサバッハ・メリット症候群)になるため、注意が必要です。
[治療]
 赤ぶどう酒様血管腫は、レーザー照射で、あとの残りやすい大きめのいちご状血管腫は、レーザー照射やドライアイスで治療します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android