コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤ぶどう酒様血管腫/いちご状血管腫 あかぶどうしゅようけっかんしゅいちごじょうけっかんしゅ Portwine Stain Nevus / Strawberry Mark

1件 の用語解説(赤ぶどう酒様血管腫/いちご状血管腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

あかぶどうしゅようけっかんしゅいちごじょうけっかんしゅ【赤ぶどう酒様血管腫/いちご状血管腫 Portwine Stain Nevus / Strawberry Mark】

[どんな病気か]
 主要な血管腫(けっかんしゅ)は、赤ぶどう酒様血管腫といちご状血管腫の2種類です。赤ぶどう酒様血管腫は、盛り上がらない赤あざで、ポートワイン・ステインともいいます。出生時からあり、ずっと続きますが、うなじ、額(ひたい)の真ん中にあるものは自然に消えます。
 いちご状血管腫は、皮膚から盛り上がり、表面がごつごつしています。生後1週ころにでき、大きくなります。幼児期から学童期にかけて自然に消えますが、非常に大きなものは、出血しやすい状態(カサバッハメリット症候群)になるため、注意が必要です。
[治療]
 赤ぶどう酒様血管腫は、レーザー照射で、あとの残りやすい大きめのいちご状血管腫は、レーザー照射やドライアイスで治療します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

赤ぶどう酒様血管腫/いちご状血管腫の関連キーワード血管腫脳血栓血管系何心地不死身プリマドンナ閉鎖血管系病は気から血管内治療胆管腫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone