赤星 直忠(読み)アカボシ ナオタダ

20世紀日本人名事典の解説

赤星 直忠
アカボシ ナオタダ

大正・昭和期の考古学者



生年
明治35(1902)年4月17日

没年
平成3(1991)年3月11日

出生地
神奈川県横須賀町(現・横須賀市)

学歴〔年〕
神奈川県師範本科第二部〔大正15年〕卒

学位〔年〕
文学博士(国学院大学)〔昭和36年〕

主な受賞名〔年〕
神奈川文化賞〔昭和29年〕「古代文化の研究」

経歴
大正10年に神奈川県立横須賀中学を卒業ののち、横須賀重砲連隊勤務や代用教師を経て神奈川県師範学校に入り、東京帝室博物館員で考古学者の高橋健自に指導を受けた。卒業後、母校の訓導や日本鉄道車輛製造工業組合(のち日本鉄道車輛工業会)書記などを務める一方、独自に考古学を研究し、三浦半島を中心に神奈川県内の遺跡を発掘調査。戦後、横須賀市諏訪小学校分校講師を経て昭和26年に横須賀市立工業高校講師となり、29年には「古代文化の研究」で神奈川文化賞を受賞。また35年鎌倉市文化財専門委員となり、36年には「横穴古墳の編年研究」で文学博士。43年に教職を退き、神奈川県立博物館嘱託や神奈川県文化財保護審議会委員を歴任。縄文後期の土器様式や横穴古墳などについての研究が特に高く評価されている。著書に「先史時代の三浦半島」「穴の考古学」「中世考古学の研究」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報