コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松義祐(2) あかまつ よしすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松義祐(2) あかまつ-よしすけ

1501-1576 戦国-織豊時代の武将。
文亀(ぶんき)元年生まれ。赤松晴政(はるまさ)の子。美作(みまさか)(岡山県)新庄山城主。備前(岡山県)天神山城主浦上宗景(むねかげ)とあらそい,織田信長とむすぼうとしたが,池田勝政(かつまさ),伊丹親興(いたみ-ちかおき)らが宗景をたすけたため,永禄(えいろく)12年城を追われた。天正(てんしょう)4年2月15日死去。76歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松義祐(2)の関連キーワード文亀