コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤水 あかみず

大辞林 第三版の解説

あかみず【赤水】

赤茶色の水道水。給水管の腐食による鉄錆てつさびや、水道水に含まれている微生物・細菌の死骸などが原因とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

赤水

かつての坑道などから溶け出た鉄分が空気中の酸素と混ざり、川底に赤く沈殿するため、こう呼ばれる。九州産業保安監督部が2005年1月~07年3月末にNEDOが九州で管理する39炭鉱跡を調査した結果、福岡、佐賀両県の4炭鉱から安全基準(1リットル当たり10ミリグラム)を超す鉄分が確認された。鞍手町の旧松岡炭鉱では最も高い基準の4~12倍を検出川崎町の旧正栄炭鉱で2倍前後が測定された。

(2012-05-28 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

赤水の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門チーシュイ(赤水)河高萩市歴史民俗資料館横川(鹿児島県)伊藤赤水(5代)阿蘇火山博物館湯ノ谷[温泉]日高 栄三郎阿蘇登山道路内山久美子日高栄三郎日高 亀市長久保赤水住井 すゑ伊藤富太郎高萩(市)11月6日安川健人日高亀市四川盆地

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤水の関連情報