赤目魚・眼奈太(読み)めなだ

大辞林 第三版の解説

めなだ【赤目魚・眼奈太】

スズキ目の海魚。全長1メートルに達する。体はボラによく似ており、混称する地方もある。色は背面および体側は青くてやや黄色みをおび、濃青色の縦帯が各うろこに沿って走る。夏、美味。沖縄県をのぞく各地の沿岸や内湾に分布。アカメ。シュクチ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android