コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤身肉

1件 の用語解説(赤身肉の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

赤身肉

どんな品種の牛をどう育てるかで肉質は変わる。日本の牛肉生産は、1991年の牛肉輸入自由化から、トウモロコシなど輸入穀物を多給し、やわらかく脂肪の多い肉をつくる霜降り路線を突き進んだ。昨年の統計では、農家の飼う肉用牛約260万頭のうち約170万頭を黒毛和牛が占める。そこへ最近、赤身肉の人気が高まっている。健康志向や高齢化が理由とされるが、むしろ肉好きの消費者が脂肪の少ない肉を、量もたっぷり食べたいというものだ。黒毛和牛ではロース以外の部位が見直され、うまみを増す熟成技術の研究も盛んだ。アンガス牛と同じように放牧に向き、赤身肉主体のあか牛(褐毛〈あかげ〉和種)や短角牛にも光が当たり始めている。

(2014-06-30 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤身肉の関連キーワード育てイベリコ豚ドンナ王秋太秋日川白鳳媛まどんな紅清水紅まどんな牛を追う (cowpunch)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤身肉の関連情報