赤面・赭面(読み)あかづら

精選版 日本国語大辞典「赤面・赭面」の解説

あか‐づら【赤面・赭面】

〘名〙 (「あかつら」とも)
① 赤い顔。赤銅色をした顔。多くは人をののしっていう。あからがお。あかっつら。
※日葡辞書(1603‐04)「Acazzura(アカヅラ)〈訳〉赤い顔」
② 歌舞伎の化粧法の一つ。強烈な性格表現のため顔を赤く塗ること。近世初期、江戸歌舞伎では立役、京坂歌舞伎では敵役を意味したが、中期以降は、敵役に統一された。あかっつら。あかぬり。
※俳諧・うたたね(1694)「赤面に楽屋の奉行あがき舞」

あかっ‐つら【赤面・赭面】

〘名〙
(1913‐15)〈中勘助〉前「同じ級の古参で赤っ面の穢い子が」
※雑俳・柳筥(1783‐86)二「所作の内まじいりまじいり赤っつら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android