赴く・趣く・趨く(読み)おもむく

大辞林 第三版の解説

おもむく【赴く・趣く・趨く】

〔面おも向く、の意〕
( 動五[四] )
ある場所・方角に向かって行く。 「任地へ-・く」
ある状態に向かう。 「病気が快方に-・く」 「勢いの-・くところ」 「よき方に-・きて吹くなり/竹取」
その方に心が向かう。 「ひたみちに行ひに-・きなむに/源氏 御法
従う。同意する。 「『…』など語らふに、ふたりは-・きにけり/源氏 玉鬘
( 動下二 )
ある場所・方角へ行かせる。 「岳の上より南の添そいを下り様に-・けたり/今昔 25
ある方面にしむける。従わせようとして説得する。 「仏の道に-・けむも、貴きこととは言ひながら/源氏 横笛
そのような方向で考える。 「似げなき御事とも-・け侍らず/源氏 末摘花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android