コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赴く・趣く・趨く おもむく

1件 の用語解説(赴く・趣く・趨くの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

おもむく【赴く・趣く・趨く】

〔面おも向く、の意〕
( 動五[四] )
ある場所・方角に向かって行く。 「任地へ-・く」
ある状態に向かう。 「病気が快方に-・く」 「勢いの-・くところ」 「よき方に-・きて吹くなり/竹取」
その方に心が向かう。 「ひたみちに行ひに-・きなむに/源氏 御法
従う。同意する。 「『…』など語らふに、ふたりは-・きにけり/源氏 玉鬘
( 動下二 )
ある場所・方角へ行かせる。 「岳の上より南の添そいを下り様に-・けたり/今昔 25
ある方面にしむける。従わせようとして説得する。 「仏の道に-・けむも、貴きこととは言ひながら/源氏 横笛
そのような方向で考える。 「似げなき御事とも-・け侍らず/源氏 末摘花

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone