コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赴く・趣く・趨く おもむく

大辞林 第三版の解説

おもむく【赴く・趣く・趨く】

〔面おも向く、の意〕
( 動五[四] )
ある場所・方角に向かって行く。 「任地へ-・く」
ある状態に向かう。 「病気が快方に-・く」 「勢いの-・くところ」 「よき方に-・きて吹くなり/竹取」
その方に心が向かう。 「ひたみちに行ひに-・きなむに/源氏 御法
従う。同意する。 「『…』など語らふに、ふたりは-・きにけり/源氏 玉鬘
( 動下二 )
ある場所・方角へ行かせる。 「岳の上より南の添そいを下り様に-・けたり/今昔 25
ある方面にしむける。従わせようとして説得する。 「仏の道に-・けむも、貴きこととは言ひながら/源氏 横笛
そのような方向で考える。 「似げなき御事とも-・け侍らず/源氏 末摘花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赴く・趣く・趨くの関連キーワード源氏

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android