コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起運・存留 きうん・そんりゅうQi-yun Cun-liu; Ch`i-yün Ts`un-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

起運・存留
きうん・そんりゅう
Qi-yun Cun-liu; Ch`i-yün Ts`un-lin

中国,明・清時代の経済用語。地方州県で徴収される租税のうち,中央政府の諸経費にあてるために都に送られるものが起運 (起解ともいう) ,地方にそのままとどめて地方経費にあてるものが存留である。起運には定額があり,租税の大部分がこれにあてられて国家の基本的な財源となり,存留は地方官吏の俸禄,胥役 (しょえき) の工食銀 (日給) ,駅站 (えきたん) の運営などに使用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android