コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超伝導リニアモーターカー

1件 の用語解説(超伝導リニアモーターカーの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

超伝導リニアモーターカー

JR東海がJR総研と共同で開発中。軌道沿いに並べた磁気コイルと、車両に取り付けた超伝導磁石との間の吸引力と反発力で車体を浮上、走行させる仕組み。長距離・大量の輸送向きとされる。リニア研究は、旧国鉄時代の62年に開始。03年、鉄道では世界最高速の時速581キロを記録し、ギネスブックでも認定された。中央新幹線構想の東京―大阪間を約1時間で結ぶことをめざしている。

(2006-06-24 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超伝導リニアモーターカーの関連キーワードJRLIMTOICA協業経営協業法人JRおおさか東線新幹線のIC乗車券JR紀勢線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone