コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超大国 ちょうたいこく

大辞林 第三版の解説

ちょうたいこく【超大国】

第二次大戦後のアメリカ合衆国とソ連のこと。核兵器を実質的に独占してヨーロッパの大国に超越した軍事力と交渉力をもち、東西各陣営において中心的役割を果たしていたことをいう語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

超大国の関連キーワードマーティン(Paul Martin)カーン(Herman Kahn)資源ナショナリズム(ロシアの)コードギアス 反逆のルルーシュソビエト社会主義共和国連邦ロシアの資源ナショナリズム戦略的攻撃兵器制限暫定協定部分的核兵器実験禁止条約フレデリック マルテルバングラデシュ独立問題ロイ メドヴェージェフドゥーガル ディクソンパクスアメリカーナハーマン カーンスーパーパワーアメリカ合衆国ソ連共産党解体リバランス政策アフリカの角仏独協力条約

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超大国の関連情報