コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超極細線

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

超極細線

ステンレスや合金などの材質金属線を直径約20マイクロメートル(1マイクロメートル=1千分の1ミリ)以下まで細く加工したもの。手術に用いる医療機器のカテーテル(挿入管)や、携帯電話、パソコン、太陽光パネルなど精密機械配線に使われる。

(2014-05-17 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

超極細線の関連キーワードステンレス第一電工理研電線