コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超軽量動力飛行機(ウルトラ・ライトプレーン)

1件 の用語解説(超軽量動力飛行機(ウルトラ・ライトプレーン)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

超軽量動力飛行機(ウルトラ・ライトプレーン)

ハンググライダーにエンジンと座席を積んだ簡素なものから、軽飛行機に近い形のものまであり、種類は多いがいずれもプロペラ式で構造は簡易だ。造りが単純で車の車検にあたる「耐空証明」は必要なく、国土交通省発行の「技量認定証」(有効期間1年)があれば操縦できる。だが、試験飛行などの目的でしか許可が得られないため、離陸した飛行場の周囲しか飛べず、別の飛行場への着陸も認められない。民家上空や幹線道路を横切る飛行も認められておらず、同機の飛行場は河川敷に集中している。

(2009-03-30 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超軽量動力飛行機(ウルトラ・ライトプレーン)の関連キーワードハンググライダーモーターグライダーグライディングパラプレーンモーターハンググライダーセールプレーンDHVリジットウイングソアリングスカイスポーツ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone