コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超高層建築物 ちょうこうそうけんちくぶつ

大辞林 第三版の解説

ちょうこうそうけんちくぶつ【超高層建築物】

高層の建物のなかでも特に高い建物。建物の高さの制限(31メートル)が1963年(昭和38)に撤廃されて以後、耐震構造理論の発達を背景に出現。霞ヶ関ビル(1968年竣工、地上三六階、147メートル)はその最初の例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

超高層建築物の関連キーワードエンパイアステートビルディング霞ヶ関ビル台北101温度応力摩するRC造制限背景建物高層以後発達出現

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超高層建築物の関連情報