コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越波型波力発電

1件 の用語解説(越波型波力発電の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

越波型波力発電

波が発電機を越えて来る力を使ってプロペラを回して発電する、海のエネルギーを利用した発電の一種。海洋エネルギー発電には、波力発電、潮汐(ちょうせき)発電、海流や潮流を利用した発電、塩分濃度差や海洋温度差を使った発電などがある。田中教授の研究は昨年、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「海洋エネルギー発電システム実証研究」に採択された。関係企業3社とともに、2016年の実用化を目指す。2月28日、研究の拠点となる共同研究室が、静岡市駿河区中田に設置された。

(2013-04-02 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越波型波力発電の関連キーワード電気推進船プロペラ水車プロペラポンプ固定ピッチプロペラジェットプロペラスクリュープロペラ螺子プロペラプロペラシャフト空中プロペラ船フェザリングプロペラ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone