コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利正知 あしかが まさとも

美術人名辞典の解説

足利正知

室町後期・戦国時代の武将。六代将軍足利義教の三男、八代将軍義政の弟。幼時天竜寺香厳院に入室する。のち義政の命で還俗し、足利成氏が下総古河へ退去したのちの鎌倉公方として下向した。しかし、鎌倉に入れずに伊豆堀越に止まり、堀越公方と称され、実質的な権力はなかった。延徳3年(1491)歿、57才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone